メインイメージ

探偵の調査料金がすごく気になる

探偵に調査を依頼するとなると、気になるのは、調査にどれぐらいの料金が発生するかという点です。
探偵の調査料金は浮気調査を依頼して、数十万円から百数十万円と、高額な料金を請求されたという人の話を聞くこともあるので、警戒心を持つのも仕方がありません。

探偵の調査料金は高いもの。

こうした認識が一般的になっていますが、では、なぜ探偵の調査料金は高額になってしまうのか、疑問に思ったことがある人もいると思います。

探偵に調査料金の見積もりをしてもらって、提示された値段をそのまま受け入れてしまう人が多いのも理由の一つかも知れません。

これは、携帯電話の料金と似ていると、私は思います。
携帯電話の契約には、さまざまな条件や契約内容を聞くことになりますが、携帯電話の初期費用が無料と言われたら、その料金に関する重要な内容を頭から排除するのだと思います。
そして、決して安くない携帯料金を月々支払っていくことになります。

これに対処するためには、まず疑問を持つことです。

もしも、探偵へ浮気調査の料金の見積もりをお願いしたら、100万円もの高額料金を見積りとして出してきたら、なぜ100万円もの値段が付いたのかを説明してもらいましょう。

そして、説明をする探偵の話をよく聞き、おかしいと思ったこと、説明内容で疑問を思ったことは、その場で問題を解決するのです。

調査の値段計算は慎重に

探偵の調査料金を自分で計算することもできます。
最近は、インターネット上にホームページを開設している探偵事務所がほとんどですから、そのホームページから探偵の調査料金を調べることができます。

このホームページに書かれている探偵の調査にかかる値段は、セットプラン制や時間制、成果報酬制などの違いがあります。

各社が出す料金の見積もりは、こうした料金体系によっても、計算方法が違ってきます。

ただし、探偵の料金では共通する部分もあります。

例えば、調査員に対して1時間の人件費というのは、探偵の料金で必ず計算する項目です。
この調査員が1名1時間の人件費と、調査にかける総時間をかけた値段が、探偵へ調査を依頼したときの、およその金額になります。

これはおよその金額になるので、ここで計算された調査の値段がそのまま請求されるわけではありません。探偵の調査料金では、調査員の人件費以外にも、調査にかかった諸経費や、調査が成功したら支払う成功報酬などがあり、これらすべてを合計した金額が、調査の値段になります。

調査料金を計算する場合、すべての料金が発生する項目を考えて、総額いくらかかるのかを計算して、探偵の料金を比較しなくてはなりません。

Copyright© 2015 探偵調査料金(値段)の計算式 All Rights Reserved.